FC2ブログ
山バイク適正化〜ステップ

「山バイク CT110 の適正化」

クラブ活動です。

オフロードにおいて固定式でラバーペグは危険なので仕様変更です。

また、左ステップ側の出が大きいのが気になっていて、シフトペダルの操作上ゆとりをとってあるんだろうと理解はしてました。 ただスタンディングや踏ん張った際に重心が不安定になるのが問題でした。


山バイク適正化〜ステップ

ステップ交換にあたり、ポジション変化の確認をしました。
高さは大体同じですが、固定式と比較で左側が短いです。


山バイク適正化〜ステップ

短いと言っても今までのものが左が長かったんです。

可倒式はペグ位置と車体のセンターがほぼ出ているのでポジション的には適正化しました。 ただMXブーツの場合やスタンディングの際にシフトペダルに干渉(かかと)するでしょう。

シフトペダルの加工、ワイドペグ化などで調整しようと思います。

CT110 のペダルは3書類。

固定ラバー
可倒式ラバー
可倒式スチール(オフロードタイプ)

ペグは他車種で流用出来るものもあり、形状は同じですが社外パーツでステンレス製・クロモリ製・アルミビレットなどワイドペグが数種類存在します。

そのへん使えば簡単な話ですが、やたら丈夫なペグは車体に対しペグの強度が勝ってしまいます。 社外パーツに見られる「あるある」、私的にそういう商品は Bad!

個人的に「純正スチール製ワイドペグ」流用か「純正ワイド加工」。トライアルのように後方(オフセット)にワイド化が理想かな。


山バイク適正化〜ステップ
山バイク適正化〜ステップ

以前やったノーマルペグワイド加工。 ただいま多忙のため創作物はもう少し先までお預けです。


取り合えずCT運動部のメンバーは可倒式がよろしいかと。

最後にカブ系山バイク(オフロード)の最適化ポイント!

トレールタイヤ、スチールフットペグ、あったらいいなパワースタンド。


ー追記ー

交換後乗りましたが、ペグのセンターが出ている事とラバーでグニャグニャしないので車体との一体感・安定感が全然違います。 スタンディングもふらつかない、可倒式で寝かせるのも安心。 「カブだからね」とゆう言い訳の様な感覚がこういうところで改善されてゆきます。

体に触れるところ「ハンドル・グリップ・レバー・シート・ステップ」の「乗り手と目的」に合わせたチューニングはどんなバイクであっても見逃せない。