FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Original

最近はリアボックス関連の問い合わせはクロスカブが多いです。 そして今回も。

以前、CT110 のサイズでも制作しました「AMP Original "Pickup" Wood Box」ですが、クロスカブの場合 CT110 と同じサイズですと視覚的・視認性でちょっと・・・ なんです。 

CT110ではテールランプとウインカーは後部の低い位置にありますが、CC110はキャリアの真下にあるので、荷物を積む事や大型キャリアやboxを想定した場合にはちょっと気になる部分です。 数センチ差があれば全然違うんですが。

ちょっと全長を変えます。


「Original

仕上釘やビスを使うのは組むためであって強度はあまり出ないんですね。 組む手間、スピードが比べ物になりませんけど。 



「AMP Original

「AMP Original

コーナー補強。


「Original

さらに木ダボ。 結果的にその生い立ち、性能、必然的構造美となります。

家具でも・・・  家具よりハードな環境ですから。



「AMP Original

ネットフックは毎度ノギス片手にアルミ無垢棒から削り出します。 汎用旋盤作業なので一個削り出すのにバイト・ドリル等、7〜8種の刃物を入れ替えます。 最後にバリ取りと肌調整。 その工程を個数分。

こういった市販品・量産品ですと基本的にアルマイト処理してありますが、アルマイトしたものが腐食したりバフ仕上クリア塗装の質感・腐食・塗装膜の剥がれ、ヤレ感は美しく無いと・・・
 削り出したアルミ素地に薄らヘアライン仕上の質感、白くぼけて行く風合い、らしい存在感が良いんですよ、この場合は。 綺麗にしたくなったら家庭にあるスチールウールなんかで磨くと良いです。 もちろん各種各色アルマイト処理も可能。



「AMP Original

今回はトノカバー仕様、BOX寸法に合わせて制作します。

染色は染料原色を使って調合。何時も木製品にはラッカーか乾性オイルを使うことが多いですが、野外で使いますのでウレタンクリヤートップコートです。 ツヤ加減を調整して仕上がりは家具調です。

PC越しなので色は違ってるかも。 先日、補正無しのネットプリントに出したらこの種の色が違ったりしたので??


「AMP Original

「AMP Original

スペシャルなWOOD BOX に、スペシャルトノカバーとスペシャルネットフックのハイブリッドでございます。



Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。