FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_2750-1.jpg

純正シートベース、グサグサヘナヘナあたりまえ。

先ずは身包み剥がすんです。

スポット溶接してあるマウントステーを分離するんです。

当て金とハンマーでトンカンやるんです。

コーナーも即席当て金で修正、サイドラインもビシッと決まるんです。


DSC_3038-1.jpg

加重による負担が集中し爪の所をきっかけに座面までクラックが入ってます。左右とも。 座面だけで保ってるってこと?いや、保ってない。

一応爪を残しながらパルスベース並の低電流で溶接。こちらはストック用と言う事です。 自分の場合は爪をならして表皮は接着します。

あとはブラストかけて塗装すれば・・・ オリジナルの再生はOK。

レストア? 

これはこれ。

本題は、


再生〜それはそれ、これはこれ。 #XR75

こんな感じかな。


再生〜それはそれ、 #XR75

「スペシャルコンペティションシート」

スリム・ハイ・ハード&グリップタイプ。

一応?ワンオフ・・・FRPシートベースから作ります。

通常のワンオフならノーマルをベースに加工したり、この時点で形を決めて型取りしたりするんですが、簡易的な型取りや複製により歪みも大きく製品の柔軟性や重さにも影響します。
 今回、更に全体的な修正を加えるので、マスターを制作するためのベース程度の成型です。FRPの特性上このままの形状は無理ですけど。

部分的に造形した状態で石膏型をおこし、それを一部修正してFRPにてマスターのベースをおこし、それを最終てきな造形をしマスター原型に仕上げて行きます。それから型を起こして・・・・  

全体的なライン修正、FRPに適した形状、最終的なウレタン成型・仕上がり・完成度を想定し機能的な造形が可能になります。 開発レベルのワンオフ、と言いますか量産しない開発、、 ワンオフはピンキリ。

使用条件に置いて今の視点で純正を上回る機能・モディファイを目指しております。

その他、マニアックなネタ控えております。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。