FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
究極のミニマム焚き火五徳

昨今様々なタイプの焚き火用の五徳が存在しますが、重い大きいものが多く、ギミックによるコンパクト化は機能にも制限があり「機能をコンパクト」が叶えられていないように思う。それにそんなに軽くない。

僕がイメージする「こんなもの」は多分無いしさっさと作った方が速いだろう。

太めの薪を平行に並べその間で火を炊くのでそこに渡すものがあれば良いし、火床の上に直にクッカーを載せたりもする。 足付きの五徳は高さや幅がそのまま制限になってしまうので僕としては必要ない。 

スタイルとしてはバックパッカー向きのものとしてパーセントレイル社のパッカーズグリルなどがありますが、ソロ用焚き火台や薪に渡す程度ではもっと短くて良いしソロクッカーを載せるくらいならそんなに強度も要らない。 パイプ材は曲がると潰れて癖がつくし叩いて治すような事も出来ない。製品としては簡単には曲がらない強度が必要になるのでゴツくなるのはしようがないこと。

曲がっても曲げなおせる無垢材なら必要最小限を想定できる。パイプよりスペースを取らず適当にしなる程度もパッキングしやすいんじゃないかな。 「もし曲がったら治して」なんてメーカー製品としては企画段階でボツ。だから期待もしてないし「我がまま」の責任は自分で。 


究極のミニマム焚き火五徳

そんなところで AMP的最大公約数「ミニマム焚き火五徳」。 試作です。 

●材 SUS304 350mm×130mm 71g

こちらは両端とも小径〜大径クッカーに対応し、幅は一定で厚み(段差)も最低限になるので焼き網を載せた際にも比較的安定する。



AMP流、究極のミニマム焚き火五徳

実際の焚き火のスペースってこんなもんです。 さらに薪を寄せてコントロールするのでこんな状況では丈夫な五徳や長い五徳の必要性は無いです。 一方、直火スタイルで大きな石でかまどを作ったりするならそれなりの物が使い易いでしょうが。

実は現在、五徳は使わず小さめの焼網一枚でこなしてます。 食材を焼いたりクッカー載せたりと万能なのでそれで事足りてしまいます。 ほんとの究極は「焼網」って思います。 また、網も使わない時もあり、薪どうしに架けたり火床に直接載せたり。 

軽いので百均などで売っているペナペナなものを使う事も多いですが、状況に依っては重さに耐えられなかったり、架けるのにもう少し長さ(広さ)が欲しいと思う場合もあるかもしれない。 でも実際に必要な面積は広くないので大きな網はミニマム装備としては無駄が多い。 また、もっと丈夫なバーベキュー用網などにすれば良いわけですが、そうするとそこそこ重くなります。 ちょうど良い網があったらgood です。

そこで「大きな・丈夫な網」よりも「AMP五徳+ぺナペナ網」が軽量コンパクトで別々にも使えるとゆう理に適ったスタイルともいえるんじゃないかな。 


AMP流、究極のミニマム焚き火五徳

「パクリ台 519」のゴトクにもちょうど良いです。 五徳にゴトク・・ ややこしいな。

「究極の◯◯」には「条件」が無ければ意味をなしません。 当然「私にとって」とゆうことになります。 

*ここでの焚き火とは機能としての焚き火、もうもうと炎を上げるキャンプファイヤー的な火遊びではありません。 道具としての火は、「加減する」ことが目的。 火加減、湯加減、良い加減。 


AMP流、究極のミニマム焚き火五徳

更にミニマムを考えますと、「ステンメッシュ・針金・麻縄」と「折り鋸・ナイフ」があれば現地の「木・枝」を材料として焚き火台〜大抵の物はまかなえてしまいます。 五徳に針金を巻いて網の代わりにもなるし「針金と枝など」で五徳も網も作れます。 「ものづくり脳」なのでけっこうなんとかなります。なんとかしなくてもいいですが。 そうなるとブッシュクラフトの範囲、それはそれで「身軽」とは言えなくなるので程々にいきましょう、、

#焚火グリル #焚火スタンド #焚火五徳 #焚火ゴトク

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。