GREAT ESCAPE! 「慣らし運転消化ツーリング編」

明日は、


GREAT ESCAPE! 「慣らし運転消化ツーリング編」

どっちだ。

(先々週の話、、)
... 続きを読む

postie bike!farm bike!trail bike!CT110!


色々と問題が有りすぎてエンジンをバラしたまま数年保留になっていた CT110国内モデル、取り合えず動くまでになりました。ナラシ〜調整。

後に輸出モデルで人気が出ましたがこちらはすでに30年以上前の、しかも基本設計はもっと古いわけで。 今回、エンジン内部〜車体と色々ありましたが・・・  後で軽くおさらいするとします。

当然のことながら現代のクロスカブなどと比較すれば全ての面で頼りないですが、のんびりモードで走る分にはそこそこの距離もストレス無く走れます。たしかに登りはあれですがあくまでのんびりモード。

ミニバイクの良い所は走り出す、出発までのハードルが低い事。数台所有していても走行距離を稼ぐのはそう言う乗り物だったりします。 トコトコ原付林ツー(二種)も良いもんです。 そう、雪山も。 ”軽さ”は多少無理が出来ると言う性能もあります。 荷物が積めると言う所でキャンプツー・・ 積む道具が無いな、、
 
こんな仕事しているからこそ基本的にはノーマル信者。物・道具には設計者の意図が有ります。そこを理解した上で自分(現代)にとっての機能性をチューニングするのです。 「結局ノーマルで良いじゃん」と言う事も有ります。頻度が多くなれば結果それぞれ求めるものも出てくるでしょう。 そのうち?



恒例、今年も花林ツーです!

4月10日 秩父方面です。




2016.03.19 そろそろ、
そろそろ、

Cub TRAIL 始めます。

私事です。

#CT110 #ハンターカブ 
RC75・・ X? F?

詳細はまた、、


RC75・・ X? F?
丁度良い仕事?

年末の大物仕事と比べたら今度は全然楽勝?
... 続きを読む
2015 BAJA 1000 〜 まいどの T

いつも某店長が出場した時にお土産的に買付けてくる 「SCORE オフィシャル T シャツ」 今回も一枚。
... 続きを読む
フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) 3/3(XR XLR ME06 MD22) 

さて、最終回です。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) その4

ウレタン塗装、クリアトップコート完了。 


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) その4

普通じゃない◯○○ の完成。

ハンドル周りの重量増は気になる所、極力軽量を目指しましたが本体重量 550gでした。 実際に気になるほどの影響はなかったです。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) その4


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) その4


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) その4

スクリーン装着。 

上下高さ5段階です。

オフスポーツ走行は下げて・・・

キャリア使用時は上げて・・・ 


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) その4

キャリアとしても結構しっかりできたので、シュラフや軽量テント位なら行けそうです。

画像はバイク用レインウェア上下。 ROCK STRAPS !


遠方からのご依頼でしたが、同じME06なので可能なスペシャルオーダーでございます。

ではごきげんよう。
フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) 2/3

スクリーンの取付けと同時にキャリアとしての拡張性を兼ねたマウント部。

無垢・ネジ切ってあります

相手のパイプに合わせたザグリ。やり過ぎくん、、

プレートでも溶接すれば済む話ですが、造形的な問題です。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) 2/3

やっぱりジグを作らないと狙った位置・角度になりません。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) その3


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) その3

メインフレームは完成。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作 その2

取り合えず試作します。

ちょっと丈夫過ぎます。 強度を落としたいです。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作 その2

2つ目。

角度微調整。

形状変更。

荷の安定性向上。

スクリーンがラウンドしているので曲げは90°じゃないんです。

高さ5段階にしました。

スクリーンはご指定。 元々、固定方法が左右一点ずつです。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作 その2

その4に続く


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) その1(XR XLR ME06 MD22) 

そのままマウント位置に繋げるとブレーキケーブルに掛かってしまうので、逃げた形状でシンメトリー。 正面から見ると2ヵ所曲げですが横から見るとカウルに沿った「くの字」になるように。 いきなり微妙な曲げ作業、なかなか一発では行きません。 さらにパイプ材の曲げ戻しは変形やラインが乱れるので×です。 なのでなかなか決まらない場合は普通に作り直したりします。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) 1/4 (XR XLR ME06 MD22) 

迷ったら2通り作ることも。 こっちじゃない方が良いなと思っても、作ってみたりします。 時に意識的に狙いをちょっとずらしてみることでその誤差を確認し、自分の想像、感を正確なものにして行きます。 この場合は風圧を受けた際のブレ、キャリアとしての剛性、見た目。ベストバランスを探ります。 これはボツです。

最短と思っていても「遠回りしてみたら早く着いた」または「やっぱり最短だった」みたいな? 違いが微妙だったら違う視点で選べば良い。気持ちの良い道とかね。
 

フロントキャリア+スクリーンマウント制作 その2

純正ウインカーステーが共締めなので確認しながら干渉しない形状でまとめます。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) 1/4 (XR XLR ME06 MD22) 

実は回り込んだサポートフレームも3通りの高さ試しました。 同じパーツで行けそうですが、曲げも長さも変わりマウントプレートの出し方も変わります。 やはり狙った位置がベストでした、、


フレームはライトカウルに沿って一定のクリアランスで仕上げます。 そんなところで手間2倍2倍、いやもっと、、

基本フレームはこれで。 仮付け溶接。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) 2/4

今度はライトカウルを外しマウント状態でしっかりめの仮付け。 

ジグ車両が欲しいなぁ・・

まいど製作中は乗れません、、


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) 2/4

それで本溶接は歪むのできっちりジグ固定。 パイプ全集溶接。

パイプキャリアって結構溶接し難いです、、 これはまだ良いですが。


フロントキャリア+スクリーンマウント制作(ワンオフ) 2/4

ラリーキャリアと同じ仕様、ベルトループを付けます。

パイプのセンターから垂直に。

手先の感覚が活きる部分もあれば、手先に頼らない方が良い部分もあります。 

ボテ溶接ならきっちり揃ってなくとも気にならないでしょうが。 全体的に正確に綺麗に作る程、一点の粗が気になります。

まぁ、私と依頼人、それと一部の変態さんだけがニンマリするところです。 ご年配の方は老眼鏡が必要かも。

その3に続く